http://q7ny3v.sa.yona.la/1125 | q7ny3v | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: 『晩年-サヨナラの歌-』THE BOOM

http://q7ny3v.sa.yona.la/1125

返信

ザ・ブームっていうか宮沢のこと。

青春ビートパンクの盛り上がりどさくさでメジャーデビューしたような感じ、気球に乗ってとか強いなんか持ち物はあるっぽいのだけれど。ライクーダみたいなワールドビート行脚、沖縄からの風読み、まーあなたと風になりたいですか乗ってますよ、ええあなた。当時くだらない安多売ポップに俺も辟易していて、俺のほうがよっぽどいい曲作っていい演奏してるツモリがあって、それはたぶん今でもそう信じてるけども。大衆マスに「売り上げる」てのはイイだけじゃない仕事の仕方が必要なことには目をつぶってました。

ミュージックステーションでこの歌のパフォーマンスを観たときには、イマワノ以来の事件を感じてそわそわした。「完璧なシンガーが現れたら僕はギターとマイクを置いて平伏す」予告、矢野顕子にあんな風に「中央線」横取りされちゃ俺思うにまさにその時だ。でも宮沢はまだ歌ってる、嘘つきだなと俺は思っている。


投稿者 q7ny3v | 返信 (2) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/1125

嘘と沈黙

返信

「生きるってことは、変わるってこと(CV:山寺宏一)」、なのか。


完璧にできたなんて自分で思ったら終わりだ、とか、音楽に完璧なんてあり得ない、そんなやつがいたら鼻にピーナツ詰めて逆立ちで町内一周する(c)藤子不二雄とか、そういう決意表明、だと思うことにします。


中央線は矢野顕子経由で知りました。

「ひとの曲、矢野が歌えば、矢野の曲」という言葉があるようで、あの人はもうしょうがないかなとも思います。

ドキュメンタリー「SUPER FOLK SONG」で一番苦労してたのがこの曲。

思うように弾けず「(この曲)長いよ」などとブンむくれる姿が印象的。

SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女~ [DVD]

SUPER FOLK SONG~ピアノが愛した女~ [DVD]


ウォーミングアップがてら超絶無調高速ユニゾン1人即興ソルフェージュをするシーンではプロデューサーはじめ一同絶句。必見。

投稿者 zig5z7 | 返信 (0)

Re: http://q7ny3v.sa.yona.la/1125

宮沢のこと

返信

嘘つきというか,ザ・インタビューズの宮沢についての話を読むと,むしろ「軽薄なカッコつけ野郎」として首尾一貫してるような気がします。


ちなみに自分の中では『恋を何年休んでますか』の人。

投稿者 fj2sp6 | 返信 (0)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2021 HeartRails Inc. All Rights Reserved.