「金髪豚野郎」 | q7ny3v | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

「金髪豚野郎」

返信

嘆く気持ちを妄想してみた。

その男,落語家。野心に満ちた一人の男が求めたのはかつての国民的アイドル落語家の襲名。すべての感情は捨てた,長年恋愛関係にあった個性派女優とも別れ,その国民的アイドル落語家の娘との結婚を決めた。婚姻生活は完璧なはずだった,亭主であること落語家であること,すべてを演じきった。理不尽を感じることもあるがすべてを呑み込んだ。

しかし,一族は実子の襲名を結論とした。そして,緊張の糸は切れ,すべての虚構が妻の知るところとなった。

投稿者 q7ny3v | 返信 (0) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:
API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2018 HeartRails Inc. All Rights Reserved.